« 雑誌掲載のお知らせ | トップページ | 第2期グリーン経済部会13回目 »

2007.09.05

財団法人 とやま環境財団(Toyama Environment Foundation)

とやま環境財団のロゴ
財団法人 とやま環境財団
Toyama Environment Foundation

---
  とやま環境財団は、県民・企業・行政が一体となって環境問題に取り組むために創られました。その活動費は、会費(企業・個人)をはじめ多方面からのご支援により賄われています。

【設立の目的】
 環境問題は、地球温暖化などから私たちに身近なごみ処理やリサイクルなど広範囲に及びます。
 このような足元から地球規模までの幅広い環境問題に対し、県民、企業、行政が一体となって地域に根ざした環境保全活動に取り組んでいくために当財団は平成3年7月に設立されました。

【事業内容】
・環境保全に関する協働の推進、情報の収集・提供
・県民・企業の環境保全活動の支援
・環境教育の推進と支援
・環境保全活動に関する相談、調査
・環境保全に関する普及啓発
・地球温暖化防止活動推進センター事業
・環境経営システム(エコアクション21)の認証・登録、普及
・その他財団の目的を達成するために必要な事業

---
(とやま環境財団の あらまし より)

*2007年9月15日に共同主催にてシンポジウムを開催
 「持続可能な社会形成に役立つ日本の伝統的知恵 in 富山

|

« 雑誌掲載のお知らせ | トップページ | 第2期グリーン経済部会13回目 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50460/16349380

この記事へのトラックバック一覧です: 財団法人 とやま環境財団(Toyama Environment Foundation):

» コスト面で手が届くようになったバイオマス包装材(07/08/30)  [ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)]
 日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)の8月30日付コラムコーナーに、イオングループ環境社会貢献担当の上山静一氏が記事を投稿している。  上山氏は、前回流通業の扱う商品に焦点を当て、「地球環境問題」との関連する記事を投稿していた。その中で、ヨーロッパにおける取り組みと、日本における取り組みの差を捉え、日本の遅れを指摘していた。... [続きを読む]

受信: 2007.09.06 08:47

« 雑誌掲載のお知らせ | トップページ | 第2期グリーン経済部会13回目 »