« 大田区の名所多摩川台公園 | トップページ | 「経済」分科会第一回会合を開催しました。 »

2013.06.11

ハワイの二酸化炭素濃度最高値を記録

主要な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の大気中濃度(一日平均)が、米ハワイ島マウナロア観測所で、先月9日、初めて400ppm超を観測した。

排出源である都市部の大気中濃度は高くなる(同日の東京の濃度は433ppm)が、マウナロア観測所は、太平洋の真ん中に位置するハワイ島の山の上に(標高3397メートル地点)あるため、人間活動の影響を受けにくいこともあり、世界のCO2濃度の平均像を示す観測拠点となっている。

マウナロア観測所での測定開始当時(1958年)は約315ppmだった1日平均の二酸化炭素濃度が、400ppmを超えるのは初めてだという。
大気中の二酸化炭素濃度は過去8,000年ほど280ppm程度を保っていたと考えられるが、産業革命以降は大幅に増加した。
1950年代後半に年0.7ppm程度増加していた二酸化炭素は、最近10年では年2.1ppmの増加となっているとのこと。

かろうじて適応できる気温の上昇範囲として国際社会が目指す「産業革命以前から2度以内」の臨界点が迫っている。

毎日jp
関連記事

|

« 大田区の名所多摩川台公園 | トップページ | 「経済」分科会第一回会合を開催しました。 »

環境動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50460/57570217

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイの二酸化炭素濃度最高値を記録:

« 大田区の名所多摩川台公園 | トップページ | 「経済」分科会第一回会合を開催しました。 »