« 北極海の海氷減少 | トップページ | 温暖化ガス数値目標の行方 »

2013.07.23

昔ながらの「涼」の取り方

先日、朝の情報番組で面白い実験をしていました。

昔ながらの「涼」のとり方は、本当に効果があるか?


「風鈴の音」「怪談話」「滝の映像」「かき氷」

この4つを体感して、その前後の体温に変化はあるかという実験でした。

結果は、4つ全て効果あり。

✓「風鈴」が持つ「涼しげ」なイメージの音。
この脳内のイメージが体に伝わり、体温が下がる。

✓「滝の映像」も「風鈴」と同じく涼しいイメージで体温が下がる。

✓「怪談話」は、恐怖を感じると逃げるために足と腕に血液を集中させるので、体全体では温度が下がる。

✓「かき氷」は、急激に体温を下げるのですが、反動で逆に体温が上がってしまうそうなので、少量をゆっくり食べると効果的。


なるほど。
こんなところにも先人の知恵は隠れていました。
上手に脳をだまして、暑い夏を乗り切りましょう。


Photo


|

« 北極海の海氷減少 | トップページ | 温暖化ガス数値目標の行方 »

ホッと一息」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50460/57849317

この記事へのトラックバック一覧です: 昔ながらの「涼」の取り方:

« 北極海の海氷減少 | トップページ | 温暖化ガス数値目標の行方 »