« 生水(しょうず)の郷への旅のお誘い | トップページ | IPCC第五次報告書 第一次作業部会公表に向けて »

2013.09.17

なぜ脱原発が必要か考える 講演会

日本でもやっと11月のCOP19を控えて、メディアも地球温暖化問題に触れ始めました。
日本の温暖化対策を考えるときに、原子力発電をどうするかという問題は避けて通れません。

私たちとしては、放射性廃棄物の処理の方法が見出せていない原子力のない世界を目指しています。
そのような活動にご賛同、ご支援いただいている当会の会員の方のご紹介から、次のような講演会があることを知りました。
ご関心のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

【講演】『なぜ脱原発が必要か考える~元原発プラント技術者の提言~』
【講師】後藤 政志さん(NPO法人APAST理事長。元原子力プラント設計技術者)

詳細チラシ(PDF744KB)

|

« 生水(しょうず)の郷への旅のお誘い | トップページ | IPCC第五次報告書 第一次作業部会公表に向けて »

環境動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50460/58212909

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ脱原発が必要か考える 講演会:

« 生水(しょうず)の郷への旅のお誘い | トップページ | IPCC第五次報告書 第一次作業部会公表に向けて »