« IPCC第5次評価報告書第1作業部会の報告ポイント | トップページ | 生水の郷を訪れました »

2013.10.15

台風26号接近、上陸に備える

台風26号の接近、上陸が伝えられています。
河川の増水や氾濫、低い土地の浸水、土砂災害などに警戒が必要となります。

被害を最小限に食い止めるためにも、気象台の発表する注意報、警報、情報をインターネットやテレビ、ラジオ等で確認し、また一度だけ聞くのではなく、時間をおいて何回か注意報や警報、情報を確認しましょう。
その他に備えることとして、


○外出はなるべく控える
○いつでも避難できるように、非常持ち出し袋を準備する
○停電に備え、懐中電灯、ろうそく、携帯ラジオ、予備の電池を準備する
○飲料水、生活用水を確保する
○避難場所やコースを確認しておく
○飛ばされそうなものは、室内に移すか、固定する
○お年寄り、乳幼児、病人などは早めに避難する

当たり前のことのようではありますが、再確認の意味を込めて掲載致します。

All about 記事『台風に備える』

|

« IPCC第5次評価報告書第1作業部会の報告ポイント | トップページ | 生水の郷を訪れました »

環境動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50460/58389687

この記事へのトラックバック一覧です: 台風26号接近、上陸に備える:

« IPCC第5次評価報告書第1作業部会の報告ポイント | トップページ | 生水の郷を訪れました »