« 2016年5月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年10月

2016.10.28

環境文明21 シンポジウム開催のお知らせ

thunder世界に後れを取ったか!?日本企業の気候変動対策thunder


“日本の省エネ技術は世界一”、そんな話はとうの昔の話です。
昨年末に採択された「パリ協定」。世界中の企業がこれをビジネスチャンスととらえ、脱炭素社会に向けた戦略を練り、動き始めています。一方、日本はと言えば、一部産業界の反対により、政府の対応は遅れ、いまだに批准していません(10月末現在)。このままでは、先進国としての責務が果たされないばかりか、折角の日本企業のポテンシャルが生かされず、世界に後れを取るばかりです。
脱炭素社会に向け、日本企業が有する技術力、人材、資金力など多くのポテンシャルをどのように生かしていけばいいのか、海外企業の動きなども参考に、皆さんとともに、考えてみたいと思います。


【日時】2016年11月30日(水)  13:30 ~17:00

【会場】東京都南部労政会館 (JR大崎駅 新東口より徒歩3分) 第5、6会議室
Nanburouseikaikan


【主催】環境文明21

【参加】 無料 (17:15分から、実費4,000円程度の懇親会を行います。)

【お申込み】faxtoFAX03-5483-8755もしくはmailtoinfo@kanbun.orgまで、①お名前 ②住所 ③電話番号 ④E-MAILアドレス ⑤懇親会の出欠席 をお書き添えの上、お申込み下さい。当日のご参加も可能ではありますが、ご参加人数の把握のため、なるべく先にお申込み下さいますよう、お願い致します。

*環境文明21webサイト上に申し込みフォームもご用意しています。

【プログラム】

1.開会挨拶と趣旨説明          
 
2.話題提供(仮題) 各25-30分程度   

 ①海外企業の動向 
   田中めぐみさん(FBCサステナブルソリューションズ代表)
   
 ②メディアから見た日本企業の動き
   石井 徹さん(朝日新聞編集委員)

 ③長期脱炭素発展戦略に向けての提言
   松下 和夫さん(京都大学名誉教授)

3.話題提供に対する質疑          

4.パネルディスカッション (案)      

 ①日本企業は世界に後れを取っているのか?

 ②そうだとすると、なぜ海外は進み、日本は遅れているのか?

 ③パリ協定の目標達成に向けて、日本企業のポテンシャルは?

【チラシPDF】
「161130.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.18

2016年度経営者環境力大賞の募集を開始しました。

2016年度経営者「環境力」大賞を募集します。

様々な分野で経済と環境、社会の一体化を目指してご活躍の経営者の皆様のご応募をお待ちしております。

【締め切り】2016年11月15日(火)

【主催】 認定NPO法人環境文明21、日刊工業新聞社

【協賛】
カネコ工業株式会社
株式会社スーパーホテル
西武信用金庫
公益財団法人損保ジャパン日本興亜環境財団
株式会社高特
株式会社はくばく
武州工業株式会社
リマテックホールディングス株式会社
(五十音順)

*詳しくは特設ページをご確認ください*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.13

【グリーン連合】議員懇談会(10/25)開催のお知らせ

maplemaplemaple日本の環境政策をより前進させるための議員懇談会maple

グリーン連合は昨年6月、日本の環境政策を後押しするために設立されました。
そして今春、市民版環境白書『グリーンウォッチ』を発刊しました。

どうすれば日本の環境政策は前進するのか『グリーンウォッチ』執筆者からの発表をもとに環境派議員のみなさんとの懇談会を開催します。

万障お繰り合 わせの上、ご参加ください。

【日時】2016年10月25日(火)  12:10~15:00

【会場】衆議院第一議員会館第3会議室

【主催】グリーン連合

【参加】無料

【お申込み】グリーン連合シンポジウム申込みページからお願いします。(入館手続きの都合で、お願いしています)

【プログラム】

 1.主催者あいさつ・趣旨説明:藤村コノヱ

 2.環境省あいさつ:小林正明事務次官(依頼中)

 3.環境派議員からのご発言:

 4.日本の環境政策の課題:

  ・環境と経済の両立
    加藤三郎(グリーン連合顧問/環境文明21共同代表)
  ・決定プロセスの見える化
    藤村コノヱ(グリーン連合共同代表/環境文明21共同代表)
  ・予防原則の確立
    中下裕子(グリーン連合共同代表 /ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議事務局長)
  ・ビジョン
    杦本育生(グリーン連合共同代表/環境市民代表)
  ・市民参加:調整中

 5.意見交換会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2017年1月 »