カテゴリー「日米合同ハワイセミナー(NPO)」の2件の記事

2008.10.24

ハワイセミナー「持続性の知恵を21世紀に活かす」

第7回日米合同セミナー
~日本とハワイの伝統的な持続性の知恵を地球環境にどう活かしていくか~

 96年、98年、2000年、2002年、2004年、2006年に引き続き7回目となる日米合同ハワイセミナーを下記の通り開催します。これは、専門家の会議ではなく、標記のテーマについて率直な意見を交換する市民レベルの勉強会です。遠方であり、また燃料費値上がりの折ではございますが、多数のご参加をお待ちしております。(諸般の事情により今回が最後になるかと思います)
 なお、参加ご希望の方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、9月10日(水)までに事務局までご返送下さい。後日、詳しい計画書等を送らせていただきます。

【テーマ】
環境文明21が2年前より三井物産環境基金の助成を受け実施してきた「日本の伝統的な知恵」をベースに、ハワイの伝統的な知恵も学びながら、これらの持続性の知恵をこれからの地球環境時代にどう活かしていけるかについて、ハワイの仲間とともに議論し考えていきたいと思います。

【日程(現地時間)】
2008年10月24日(金) ~ 26日(日)
(10月23日夜、日本側の打合わせ会を予定しています)

【集合・解散】
現地(ホノルル)集合、現地解散

【会場・宿泊先】
・宿泊と3日目会場は Ohana East Hotel (オハナ・イースト・ホテル)を予定しています。また、2日目はホノルル郊外のkokokashi YMCA のミーティングルームを予定しています

・宿泊に関しては、燃料費値上がりのため、他のパック旅行をご利用の方もいらっしゃると思われますので、その場合は、この限りではありません。

【内容(現時点での予定)】
23日(木)夜 日本側打ち合わせ
24日(金)フィールドトリップ
     ハワイの自然や伝統的な知恵が残っている所を見学する

25日(土)話題提供と全体討議
     日本とハワイの持続性の知恵についての紹介と意見交換

26日(日)話題提供と全体討議
     両国の伝統的な持続性の知恵をどう活かすか

【参加費】
(1)ホノルル滞在中の宿泊費(4泊分)、フィールドトリップ代、全体会合費、通訳代、会議費などを含み一人8万円程度を予定していますが、現地の事情による若干の変動をご了承下さい。
また、ホテルを別にご予約の方は、宿泊費を差し引いた金額になります

(2)航空券は各自手配。燃料費値上がりのため、できるだけ早めのご予約をお勧めします。
ご不明な方は事務局までお問い合わせ下さい

なお、詳細は下記、参加申込書をご覧下さい

【お申込み方法】
下記、参加申込書を事務局までFAXまたは郵送でご返送ください。

後日、参加費をお振込みください。参加費のご入金があった時点で正式申し込みとさせていただきます。なお、会場の都合上、日本側からの参加者は20名程度で締め切らせていただきます。

※ 締切日以降のキャンセルの場合、入金された参加費のご返却金は、それまでに支出した経費を差し引かせていただきますので、ご了承ください。

【お申込み・お問合わせ先】
NPO法人 環境文明21 担当:図師田、藤村
〒145-0071 東京都大田区田園調布2-24-23-301
TEL:03-5483-8455  FAX:03-5483-8755
E-mai : zushiden@kanbun.org

---
【参加申込書】
 ・ 参加申込書 (PDF /181KB)
 ・ 参加申込書 (Word/41KB)

---
【参考リンク】
 ・ これまでの「日米合同セミナー」

---
【報告】
 ・ ハワイセミナー「伝統的知恵を21世紀に活かす」 (PDF /4,121KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.09

第6回日米合同ハワイセミナー

【日時】 2006年6月9日〜11日

【場所】 ホノルル市内 
     
【内容】 初日はフィールドトリップ。2日目・3日目は
      「グリーン経済」について、日米両国で事例発表も含め議論します。

      関心のある方は、事務局までお知らせ下さい。

---
【参考リンク】
第5回日米合同セミナー報告 「グローバリゼーションと地域経済・地域文化を調和させることは可能か」
第4回日米合同ハワイセミナー報告 「循環社会へのビジョンとその道筋」
第2回日米合同ハワイセミナー報告 「持続可能な生活にいかにして到達するか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)